長野市議会議員 桜井あつし の活動報告

長沼小学校の校庭は泥だらけ

台風19号の水害により、長野市立長沼小学校のグラウンドは泥だらけとなっています。自衛隊の皆さんが重機を使って黙々と片づけをしてくれていました。自衛隊の皆さんのご尽力に感謝です。...

災害ごみの処理

長野市長沼地区にある赤沼公園は、地区内から運び込まれた災害ゴミの一時な的な置き場となっていますが満杯状況です。毎晩、自衛隊の皆さんが夜通しの作業で地区外へ運び出していますが、毎日、次から次へと運び込まれてくるので、なかなか片付きません。いつになったら、以前のきれいな公園に戻れるのでしょうか。...

被害が大きかった長沼支所周辺

台風19号の大雨で千曲川の堤防が決壊した長野市長沼支所は、大きな被害を受けて広い駐車場は泥の海となっています。周辺の道路も泥だらけです。前の泥が駐車場で右手奥に見えるブルーシートが堤防決壊場所支所の西側の家は全て急流に押し流されて何もなくなっています。支所周辺の民家もぐしゃぐしゃになっています。周辺の道路は毎日清掃していてもすぐに泥だらけになります。堤防決壊場所から見た長沼体育館方面堤防決壊場所の前...

長野市南部の災害ごみ仮置き場の篠ノ井運動場

長野市南部の災害ごみ仮置き場の篠ノ井運動場の様子。市南部では、災害ごみの搬入も少なくなってきて、仮置き場はまだ3分の1くらい余裕があります。...

ながの環境エネルギーセンターがピンチ

長野市大豆島にある長野広域連合の可燃ごみ焼却施設であるながの環境エネルギーセンターでは、台風19号被害によって運び込まれた災害ごみの増加により、ごみを溜めておくピット内のごみが一杯になってしまいました。ながの環境エネルギーセンターの処理能力は、1日405トンですが、毎日580トンの搬入があり、どんどんごみが増えていきます。ピットの容量は約2900トンですが、あと数日で満杯になってしまいます。左下の黒い四...

青垣公園に積まれた災害ごみの山

長野市松代地区にある青垣公園に行ってきました。浸水被害にあった松代地区をはじめ、市南部の災害ごみが広いグラウンド一杯に積み上げられています。家具などの可燃系のごみは、場所をとらないように重機でつぶされています。冷蔵庫や洗濯機などの家電ごみです。タイヤも山となっています。このごみの山をどう処理していくかが今後の大きな課題です。...

三輪地区ひまわり広場

三輪地区住民自治協議会主催のひまわり広場が開催されました。大盛豚汁150円が大好評です。長野女子高等学校の生徒の皆さんが考案した「みわ弁当」も好評で、用意された50食も完売となりました。私もおいしくいただきました。毎年交流を行っている小田切地区住民自治協議会の皆さんは、野菜やお米などの農産物の販売で、これもほとんど売り切れました。三輪支所の2階では、福祉バザーも開催され、開始前から大勢の方が列を作って...

台風19号の」被災地穂保地区の状況

台風19号による大雨で千曲川が決壊し、浸水被害に見舞われた国道18号、通称アップルラインの沿道は泥だらけになっています。沿道には、どこからか流されてきた車がさかさまになっています。穂保地区の友人宅の1階の室内は、床をはがして消毒です。災害ごみは、遠くの仮置き場まで持って行けないため、近隣の地主さんのご厚意により、近くの空き地に山積みにされています。千曲川の決壊地点に近いこの場所は、約2メートルまで水に...

長野市篠ノ井地区の被災状況

長野市篠ノ井地区の被災状況を確認に行ってまいりました。乗用車は、地上から1メートル近く水につかり、エンジンに水が入って動かなくなっています。床上まで浸水し、家財道具は外に運び出されています。ほとんどの車が動かなくなって、移動するためにレッカー車が来ています。篠ノ井塩崎の唐猫神社前の越水場所です。ガードレールがなぎ倒されて、土留めのコンクリートも倒されています。越水個所は、千曲川が大きく曲がったとこ...

台風19号被害 地域住民の自主活動

台風19号の強風で、戸隠豊岡地区で森林がなぎ倒され、電線や電柱に被害を与えたため、付近一帯が停電と断水になってしまいました。ものすごい勢いで倒れたことでしょう。コンクリート製の電柱がへし折られています。中部電力は他地区の対応で、すぐには対応できないため、誰も声をかけないのに、付近の住民をはじめ多くの皆さんが、チェーンソーなどを持って集まって、自主的に作業しています。通行不能の道路でしたが、1日がかり...

台風19号接近に備えて

台風19号が接近して、雨と風が強くなってきましたので、家の周りの飛んでいきそうなものを片付けました。家のカーポートは、片側だけしか柱がないため、屋根が飛ばされないように、ロープで縛りつけました。スーパーでは、水などが売り切れるなど、皆さん備えているようです。強い風や大雨で大きな被害が出ないように願うばかりです。...

三輪甚句まつり

三輪公民館で第14回の三輪甚句まつりが開催されました。残念ながら、台風の影響で子どもたちは不参加となりましたが、各町で練習された踊りが、それぞれ披露されました。三輪甚句は、途絶えていたものが復活され、甚句保存会の皆さんが継承されているほか、三輪小学校でも、子どもたちが練習して運動会などで踊られています。しかし、甚句保存会の皆さんも、だんだん高齢化して活動がだんだん先細りになっているそうです。私は、今...

初めての臨時市議会

10月8日、9日と初めての臨時市議会が開催されました。正副議長の選挙や委員会構成など、人事を行ったほか市長提案の議案を可決して閉会となりました。私は、総務委員会、まちづくり・公共交通対策調査研究特別委員会、決算特別委員会の所属となりました。今後、随時委員会を開催し、市の課題等について議論していきます。...

三輪公民館スマイルボウリング

三輪公民館では、毎月スマイルボウリングを行っています。小さなボールで小さなピンを倒すゲームですが、途中にあるゲートに当たらないようにしなければならず、なかなかうまくピンに当たりません。高齢者や女性、子どもたちでも気軽にできるので、毎回20~30人が集まって、わいわいと楽しくやっています。...

三輪下宇木区の大獅子の巡行

下宇木区には、大獅子があって、秋祭りの日に区内を巡行します。大人神輿はありませんが、神輿の代わりに賑やかに区内を回って歩きます。...

三輪宇達神社の秋祭り

三輪宇達神社の秋祭りに下宇木区副区長として参加しました。宇達神社は、上宇木区と下宇木区の氏神さまです。毎年10月4日に宵祭りが行われます。私は、お神楽の先導として、区内のお宅を回って歩きました。近所から大勢の子どもたちが集まって興味津々です。お神楽は、芋井地区の保存会の皆さんです。...

ごあいさつ

 こんにちは。私は長野市議会議員の桜井篤 (さくらい あつし) と申します。  長野市吉田に生まれ育って、この地域で仕事を持ち、家庭を守って暮らしてきました。 そして平成9年3月、三輪地区下宇木に家を建て家族4人で移ってきました。現在は、妻、妻の母と三人暮らしです。  私は、昭和55年4月に市民の生活の安定と福祉の増進を願って長野市役所に奉職してから39年間、定年退職までお世話になりました。これからは、こ...